決算書を活かす
決算書を活かす
はじめに決算書を活かす決算報告会決算診断

 

決算書を経営に活かせるための「決算診断」

 経営者である社長は、毎年一回の人間ドックにかかって自分の健康診断をされているかと思います。

決算診断のシステムフロー

決算診断のシステムフロー

 

 決算書を経営に活かせる「決算診断」は会社の「健康診断」なのです。
 総合診断は得点が出ます。銀行は会社に点数をつけ、格付けしています。その点数は、決算診断の6要素診断に背景があるのです。
 「決算診断」における6要素診断は、「収益性」「生産性」「資金性」「安定性」「健全性」「成長性」から成り、総合的な会社の経営状態を見ることができるのです。
これらにより、会社の利益を上げる力や資金調達や運用がどのようになっているかが分かるのです。

image

 さらに、今後検討すべき重点課題について、分かりやすく解説を提示しています。
 このことにより、改善すべき経営課題が明確になり目指すべき目標が見えてくるのです。

  image