決算は誰のためにあるのか
決算は誰のためにあるのか
はじめにビジネスチャンス決算の解説書決算は誰のためにあるのか

 

決算は誰のためにあるのか

  1. 「決算」は誰のためにあるのか!
    経営者のため! 会計事務所のため!
     
  2. 「決算診断」は誰のためにある?
    経営者のため! 会計事務所の所員のためにある

    「税理士、会計事務所」の一番の強みは、社長と直接肝心な話ができるのです。
    社長は利益につながる話に無関心ではいられないのです。
    別に「アドバイス」をするのではないのです。「経営課題を社長と共に」考えていくのです。
    社長には、「いろいろな問題を抱えて、人に言えないこと」があるのです。
    もはや税金の問題だけでなく、社長が安心して相談のできる人、それが「決算診断士」です。
     

  3. 決算診断実践会の会員の所長先生は「決算診断士」です。
    所員の方々には、「決算診断」を用いて社長とのコミュニケーションができ、
    社長と相談できる方々です。
    「決算診断の見方・活かし方」の研修を受けているのです。